米粒の気持ち

毎日カレーじゃ飽きる。
パスタでもラーメンでもハンバーグでも同じ。

だけど、ご飯は毎日食べても飽きない。
どんなおかずにも合う。

好きな食べ物を聞かれて「ご飯」と答える人は、
あんまりいないかもしれないけど。
みんな当たり前のように毎日食べていて。
きっといつも、大好きなおかずの隣でお腹を満たしてくれる。

料理に置き換えてみると、
普段考えてもわからないことが、よくわかるね。
頭の固い私にも。

強烈な個性とか、圧倒されるカリスマ性とか、天性の才能とか。
そういう、自分にはない濃くてハッキリした魅力的な味にずっと憧れてた。
欲しがってばかりいた。

昨日、自分で書いてるのにね。
素材が良ければ、シンプルな味つけでもおいしいって。

ハーブやにんにくやワインや調味料は、
素材を生かすためのスパイスに過ぎないのに。
完成した料理を前に、すねて転がってる米粒みたいだったんだ。

米粒は思いました。
ツヤツヤで炊きたてのおいしいご飯になりたいと。

それでも、
ご飯はキライという人もいるでしょう。
パンの方が好きという人も。
炊きたてはいいけど、冷めたご飯は嫌という人も。
色々な人がいる。

でもそれなら、
コシヒカリを使ったら?
混ぜご飯にしたら?
おにぎりは?
ドリア、雑炊、炒飯、寿司、ライスコロッケ、どんぶりもの、だったら?

まだ自分は炊けてすらいないじゃないか、
米粒は気づいたのでした。
[PR]
by minicat_orange | 2009-03-11 21:20 | ☆にっき
<< きょうの終わり 金目鯛と野菜の香草蒸し >>