哀しいひと


例えば、
目の前にそれはそれは高い山があって。

「絶対に登頂しよう」と思っている。

そして、何年も何年も。
ふもとにしゃがみこんで、
頂上を見上げて、
ずっと考えている。

どうしたらあそこに行けるんだろう。
誰か連れって行ってくれないかな。

楽しようとか、ズルしようとか。
そういうんじゃなくて。

山登りをしたことがないから。
あたりまえのことが、
思いつかない。

登山靴を履いて。
食料と水、雨具を用意して。
荷物を背負って、自分の足で一歩一歩登ること。

そうすることでしか、登れないことを。
[PR]
by minicat_orange | 2009-10-05 01:07 | ☆にっき
<< 秋 日本の朝ごはん >>