変換


「楽しかったことも、悲しい思い出に変換しちゃうんでしょ。」

って不意に言われて。
そんなことないよ、って思ったけど。

日記を読み返してみても。
楽しかったこと、そんなに書いてないよね。
いつも悲しかったり、寂しかったり、つらかったりすること。
そういうネガティブなことばっかり、
考えてるし、書いてる。

それを不快に感じて、離れていってしまった人もいたんだ。

そのときは、それにすごく落ち込んでしまって。
なるべく明るく見せようって思ったときもあった。

でも、見せようとか思ってる時点で、自然じゃなくて。
やっぱり自分らしくなくて。
長くは続かなかったんだよね。

今は、あの頃より。
こういうのが私なんだって、開き直ってる部分もあるけど。
それでもやっぱり。
このままでいいんだとは、思ってない。
だって、楽しいことまで悲しい思い出に変換してるとしたら。
それは、すごく寂しいことだもの。

私は、とても八方美人だから。
人にどう思われるかを、すごく気にしてしまう。
それに、何かを発信する以上は、
マイナスより、プラスのものを発信したいと思う。

思うんだけど。
それが私にとっては、とても難しいの。

だから、つい心の中そのままに書いてしまう。

それでも、ここに記すことで。
ネガティブなことも、ネガティブなままで終えるんじゃなくて。
少しでも、明日につながるように。
ここから、抜け出せるように。
私なりの葛藤があるんだ。

たとえ、同じようなことばかり繰り返し書いていたとしても。
言葉としてカタチにするとしないでは、
ちがうような気がするの。

だから。
もしかしたら、読んでいて気分が滅入るブログかもしれないけど。
それは、まだまだ今の私が未熟だからで。
私が、人として成長することで。
ここから、あったかいものを発信できるように。
悲しみや苦しみも、あったかいものに変換できるように。
そうなりたいって、思っているから。

その旅を、
もし、これからも見守ってもらえたら。
私は幸せです。
[PR]
by minicat_orange | 2009-10-08 23:34 | ☆にっき
<< どうやって 秋 >>