聴く

今日は、seseragi25さんのライブを観るため、
代官山へ行った。

思ったこと。
私、やっぱりseseragiさんの音楽が好き。

普段バンドの音楽とは、ほぼ無縁の私なのに。
どの曲もすごく聴き入ってしまう。

アーティストとしてではなくて。
1人のリスナーとして純粋に心から楽しかった。

特に「環状七号線」という大好きな曲があるんだけど。
今日は曲の前に、
短い演奏が入ってタイトルコールで曲が始まって。
それがすごく良くて。

なんかうまく言えないけど。
曲の世界に一気に引き込まれて。
何度も聴いたことのある曲なのに。
初めてじわーって、泣けてきた。

そういえば。
ライブで泣けたのっていつ以来だろ?
もうずいぶん無かったような気がする。

泣けるときって。
歌詞に共感したり、自分の経験にリンクしたり。
そういうときなんだと思ってた。
でも、今日のはそれとは違ったんだ。
やっぱりうまく言えないんだけど。

突き詰めて言うと。
悲しい歌を歌おうと、楽しい歌を歌おうと。
そういうことじゃなくて、伝わるものがあるんだね。
だからやっぱり。
音楽は人だと改めて思う。

いいライブを観ると、
早く歌いたくなるね。

やっぱり私は、
アーティストだったみたい。
[PR]
by minicat_orange | 2010-01-16 23:11 | ☆にっき
<< 知る 約束 >>