3月9日


瞳を閉じればあなたが 瞼の裏にいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい


不意にこの曲が流れたとき。
「みんながコレいい曲だって言うんだけど、
あんまり良さがわかんないんだよなぁ」
と言っていた彼のことを思い出した。

まだちゃんとこの曲を聴いたことがなかった私は、
ただ「ふーん」と思っただけだった。

今なら。
この曲の良さを、いくらでも伝えられるのに。

同じものを食べておいしいと思い、
同じものを見て楽しいと思い、
同じ方向に向かって歩いていたあの頃は。

この曲の良さを確かめるよりも大切なものがすぐ傍にあって。
ただ流れていくBGMのひとつに過ぎなかった。
後になって何度も何度も聴く曲になるなんて。
まったく思いもしなかった。

失くしたから聴くようになったのか。
聴いてるうちに失くしたことに気づいたのか。
もう思い出せないけど。
今となっては、どちらでもいい。

わからなかったことが、今はわかるようになって。
曲を聴く度に、
変わった自分と変わらない自分を感じる。

そうやって少しずつ確かに、
時間が過ぎていることを知る。

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く


この部分が一番好き。
何でもないような毎日にこそ幸せはあるって。
教えてくれてるみたいな気がするから。
[PR]
by minicat_orange | 2010-03-09 19:28 | ☆にっき
<< スカイ 些細なこと。 >>