ため息のゆくえ


やっとひとつ 片づけた。
ずっと放置していた問題を。

悲しくも 寂しくもあったけれど。
それは 本当に仕方がないことなんだと
やっと 納得できた。

もっと早くこうするべきだったんだろうと思うけど、
できなかったのだから 仕方ない。
そして今はこうしてできたのだから きっとそれでいい。

時間の力は 偉大だ。

あの頃 どんなにもがいても、
絶対に越えられないように思えたこと。
あの頃 どんなに考えても、
絶対に答えが出ないように思えたこと。

そういうものを風化させる。

決して 越えたのでも、答えが出たのでもなくて。
ただ ふっと。
ため息をつくみたいに
突然 自然に力が抜けて、
私の外に出て行った。

素直に、あぁよかったと思った。

無理やり、押し殺したのでもなくて。
跡形もなく、忽然と消え去ったのでもなくて。
私の成長だと思えたから。
受け入れることができたから。

大切なのは、きっと「これから」。
[PR]
by minicat_orange | 2007-08-20 07:17 | ☆にっき
<< TOMOKO CAFE 星野富弘全詩集 >>