25歳のリアル


25歳っていう年齢。

子どもの頃想像してた25歳像は、
もっと大人だった。

実際にその年齢になった私は、
あの頃大人な25歳を思い描いた子どもの頃から
何にも変わってはいない。

ピータパン・シンドロームなのかも・・・と、
不安になったりする。
こんな25歳でいいのか・・・とか。

いつまでも成長しない私が、
どんなに無駄な抵抗をしてみたところで。
25歳のリアルは、
ものすごい速さで周りに迫ってる。

これでいいんだと、
自信を持って堂々とここに立ちはだかるには、
私は、全然足りない。

やらなきゃいけないことが山積みなのはわかっていて、
「忙しい」「時間がない」なんてのは言い訳で、
結局は 私が何もやらないだけなんだってことも。

そういうものが、心にどんどん溜まっていって。
常に気がかりで自己嫌悪で。
それでもやっぱり変われなくて。
ネガティブなものしか生み出せないようになった。
最低限のことしかできなくなった。

それでも、認められたくて。
自分を受け入れてもらいたくて。
嫌われたくなくて。
でも、優しくなれなくて。

まるで子どもみたいだ。

仕事とか結婚とか出産とか介護とか・・・。
私の周りに起きている25歳のリアルを、
私はまだ全然受け入れられない。

そういうものに、
焦ってるとかじゃなくて。
まだ、自分のことすらちゃんとできない。
そのことが、怖い。

年齢なんて、本当は関係ないのかもしれない。
自分があれば、それでいいんだけど。
何もしない、何も考えない、何もできない、
でも守られたい。
それは、幼稚すぎる。

何からどう始めればいいか。
今はまだ まったくわからないけど。
動かなければ何も変わらないって事実が、
そろそろ切実な現実。

せめて、まず肯定できる自分でありたい。
今年は、そのように頑張ります。

※ブログを長いこと更新せず、ご心配をおかけしました。
[PR]
by minicat_orange | 2008-01-21 00:22 | ☆にっき
<< あなたが動けば 景色は、変わる 明日(12/16)のライブ♪ >>