色彩心理


私は、青が好き。

どうしてかわからないけど、
小さい頃からそうだった。
七五三の着物も、
あの年頃の女の子には珍しく「青がいい」と言い張って、
鮮やかな青の着物を買ってもらった。


今日仕事で調べものをしているとき、
「色彩心理」という言葉を知った。

「色」には、それぞれの意味や力があって、
心理に影響を与えているらしい。

たしかに、
「この色が好き」とか。
「この色を見ると落ち着く」とか。
その人の性格や考え方や、
そのときの精神状態や気分に、
すごく関係ありそう。

私は曲を作るとき、
先に色をイメージしたりするんだけど。
考えてみれば、
私の中にあるのはだいたい青系ばかり。

オレンジとか黄緑とかショッキングピンクとか…。
ビタミンカラーっていうのかな。
いかにも元気が出そうな感じの色は、
絶対に持ってない。

でも、私という人間を思えば、
当たり前かな。

歌では、
いろんな色を出していきたい。
鮮やかな原色は出せなくても。
そこに青系の私色が混ざって、
くすんだ色になっても。

それが、
私にしか出せない色だったら、
それでいい。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-12 23:02 | ☆にっき
<< 長い長い とにかく笑えれば。 >>