<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

それでも私が歌う理由

こうやって音楽活動をしていると、
音楽観や音楽を通して伝えたいこと などを問われることが多々ある。
なぜ歌うのか、そしてその歌によって何を伝えたいのか ということだ。

事務所に入ったばかりの頃、社長に尋ねられた私はこう答えた。
「歌うのが好きだから歌い、伝えたいことはその歌によって異なります」
そして社長に言われた。
「プロになったら歌うのは楽しいことばかりじゃない。趣味で続けた方が、ずっと好きでいられる  かもしれない。」
「たとえ恋愛の歌を歌っても、友情の歌を歌っても、どんなジャンルのどんな歌詞の歌を歌って も、歌を通して本当に伝えたいことは一つなはず」
社長の言葉に納得すると同時に、
好きだからという以外の歌を歌う理由も、歌を通してコレを伝えたいんだ!と胸を張って言える様な壮大なテーマも、私には思いつかなかった。

あれから二年間。
なんとなく歌が歌いたくて。
だけどそれがどうしてなのか、これからどうなりたいのか、わからないまま。
歌ったり、休んだり、また歌ったり。
でもやっぱり歌が好きで、歌わない生活は考えられないってことだけは確かに言える気がした。
だからちょっと真剣に考えてみた。

私は、今ここにいる自分を受け入れるために歌っているんじゃないか。

私は、ずっと自分を好きになれなかった。
私の理想である「なりたい自分」と「今ここにいる自分」があまりにもかけ離れていて。
「今ここにいる自分」がものすごくダメな人間に思えて、変わりたいと強く願っていた。
それなのに、ちっとも変われない自分がキライだった。
でも、歌ってるときだけ、自分を少し好きになれた。
唯一、「今ここにいる自分」を肯定できる瞬間に思えた。
変わるためにも、前に進むためにも、そういう何かが必要だったんだと思う。

完璧な人間なんていないってよく言われるように、できることとできないことがあるのは当たり前で、みんな努力して少しずつできることを増やしていく。
でも、自分が何もできないと思い込んでいる人間がゼロから完璧を目指すのは
あまりにも果てしなくて、あまりにもゴールが見えないから、諦めてしまう。

つまり何が言いたいかというと・・・。
今より前に進むためには、今ここにいる自分を受け入れることから始めることが必要なんじゃないかっていうこと。
それは、決して現状に甘んじるってことじゃなくて。前に進むための位置確認というか。
どんなにダメに思える今の自分にも、なにか認められるものはあるはずで。
私たちはつい反省点ばかり探してしまうけど、認めることが自信になって次につながることって
あると思う。だから、そこから始めよう ということ。

私にとっては、歌がそれにあたった。
今ここにいる自分を、いい面もダメな面もありのまま受け入れる手段が歌だった。
歌を作って歌うという過程では、自分という人間と本当に向き合わなくてはならない。
だから深く自己嫌悪に陥るけど、それでも歌っている自分を好きだなって思える。
だから歌を歌っているんだと思う。

ある審査で私の歌は、
「メッセージ性はすごくあるのに、それが自分の中だけに向けられている。だから、利き手に雰囲気は届くんだけど、明確に伝わってこない」 と言われたことがある。
それはきっと事実。
私が、まだ「今ここにいる自分」を受け入れきれていない私自信に向かって歌っているからなんだろう。
私が「今ここにいる自分」をしっかりと受け止めて歌えたとき、聴いてくれる人たちに、それが明確なメッセージとなって届いてくれたらいい。

f0066464_364930.jpg


早くそんな歌が歌えるようになりたいな・・・
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-27 03:21 | ☆にっき

君がいること

 こんなに眠ってしまったのね  ついボンヤリする
 また一日を無駄にしちゃったなんて  落ち込む前に

 開いたままの雑誌とか  飲みかけのコップとか
 今すぐ片付けて  君に逢いに行こう

 ダメなことできないこと  いっぱいあるのに
 うまく見せようとジタバタする  あたしのクセを
 無邪気に  笑いとばして


 いつまで経っても変われないなんて  もう言わないよ
 はじめの一歩を踏み出したら  やっと見えてきた

 行き止まりだとあきらめていた  その先にある扉
 向こうで待っていてね  君に逢いにいくよ

※どんなちっぽけに思える  こんなあたしにも
 まっすぐ好きだと言ってくれる  君がいること
 思った  強くなれた


 あたしの前に続く今日を  君と歩いていきたい
 昨日より楽しい今日に  ずっと出会い続ける


 ※Repeat
f0066464_1434193.jpg

 
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-25 14:04 | ☆ともこのうた

ブランチ☆

f0066464_12352699.jpg


お料理日記になってしまうのを恐れて、最近料理の写真を載せてなかったので。
今日はゆっくりブランチ☆
アスパラと海老のキッシュと菜の花・ブロッコリー・ツナのサラダ。

おいしいブランチを食べながら、
芥川賞を受賞した「沖で待つ」の帯に書いてあった言葉を思い出した。

          ゆるゆるポジティブ

なんか私にピッタリ・・・。
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-25 12:35 | ☆おいしいものたち

母から届いた宅配便

今日の朝、母から宅配便が届いた。
中には、ギッシリ詰められた野菜たち。

大根、葱、ほうれん草、かき菜、ブロッコリー、菜の花、椎茸、エリンギ、キャベツ・・・
祖父母が作ってる野菜だから、土がついたままのものもあって新鮮そのもの。
東京に出てきて初めて気がついたけど、祖父母が作った野菜は味が濃くて本当においしい。
一人暮らしではどうしても野菜が不足しがちだから、何よりうれしい。

とても一度には食べきれない量だから、せっかくの野菜をダメにしてしまわないように
全部下茹でし、小分けにして冷凍したり、冷蔵する。
これで使いたいときにすぐ取り出して簡単に調理できる。
私が単純だからなのか、野菜をたくさん食べた日は体調がいい気がする。

さっそくかき菜と椎茸と葱のお吸い物と、
菜の花、ブロッコリー、エリンギ、シーチキンのマヨチャーハンを作って食べた。
菜の花なんて食べるの何年ぶりだろう・・・。
おいしかった。

     忘れかけた春の味覚、思い起こさせてくれたのは 母の優しさ
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-23 16:16 | ☆にっき

初めてのフリマ

今日は初めてフリマに出店してきました。

エレピがきてからだいぶ部屋のスペースが減ったので思い切って色々処分することにしたら、   いらない洋服がかなりたくさんあったので
捨てちゃうくらいだったらフリマで売ってみようかなっていう思いつきで。

朝の早さに挫けそうになりながらもなんとか受付し、
シートを忘れるというトラブルにも、拾ってきたダンボールを敷いて対応し、
無事に出店することができました!

どんな感じなのかなぁ・・・とか、ちゃんと売れるのかなぁ・・・とか不安だらけだったけど、
いざ始まったらあっという間でしたね。
小さな子供からおばあちゃんまで、予想以上にたくさんの人が来てくれて
1時には全部完売!ありがとうございました☆

話には聞いてたけど、やっぱりみんな値切ってくるんですね!
最初は、500円と300円で売ってたんだけど、
交渉慣れしてないのと、買ってもらえるのがうれしいので、言われるままどんどん値下げ。
あっという間に百円均一みたいになってた(笑)
まさに 薄利多売。

今日出店した服の中で、一番名残惜しかったコート。
高かったし、すごいかわいいのに、私にはちょっと大きくて売ることにしたんだけど。
どんな人が買っていくんだろうって気になってて、
お客さんが手に取る度、内心ヒヤヒヤだった。
結局買ってくれたのは、仲の良さそうなカップルのかわいらしい女の子。
はおってみたらすごく良く似合って、彼氏さんもすごい気に入ってくれて、
とっても喜んでくれた。
あ~よかった!私よりずっと良く似合う人に買われていって!
これからあのコート、二人のデートに着て行ったりするのかな♪
ずっと活躍してくれるといいな☆

元の値段を考えると本当にもったいないのもいっぱいあったんだけど、
最終的にはもう値段なんてどうでもよくなってて。
目の前であれこれ悩んだり、話して交渉したりしながら、喜んで買っていってくれる。
この人が喜んで大事に着てくれるならって思うと、どうぞ持っていってくださいって感じ。
うちのクローゼットの中で、着られることもなく眠っているよりはずっといい。
私の服たちは、買って行ってくれた人たちと共にこれからどんな運命を辿るのかな・・・
なんて想像したりして、ちょっと楽しい。
こういうのが、フリマの魅力なのかもしれないな。

隣近所の出店者同士で、交流なんかもあったりして。
普段、こんなにたくさんの人たちと接する機会ってなかなかないし、
ホントに色んな人がいるんだなぁって、改めて思ったりして。
ちょっと疲れたけど、楽しくて新鮮で充実した一日だった。

またやりたいな~!!

部屋を見渡してまだ出品できるものがないかつい探してしまう、ともこでした。
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-22 01:31 | ☆にっき

接客とは・・・

昨日バイトに行くと、思いがけず社長が店に来ていた。
カウンターに座り、営業の様子をじっと分析している。
・・・緊張してちょっとやりづらいなぁ・・・なんて思っていると・・・
水曜なのに意外と店内が空いていたので、
早あがりさせてもらって社長のお供をすることになった。

社長と一緒に「でめきん」というお店に飲みに行って接客を学んできました。

社長の考える最高の理想は、例えば
帝国ホテルのような一流レストランの厨房にテーブルを置いて食す ことだそう。
料理人たちの指示や会話が飛び交い、
切ったり、焼いたり、かき混ぜたり・・・様々な音・におい・空気
五感を刺激されながら、目の前で作られた料理をできたてそのままに食す
それこそが最高の贅沢だと。

オープンキッチンとは何ぞやという話です。
今の新しいお店はどこも内装が凝っていてオシャレだし、
オープンキッチン形式を採用している店が多い。
しかし社長によると、
形式はオープンキッチンでも、
実際はキッチンと客との間に見えない壁がある店が多いらしい。

目の前に料理を作っている料理人がいても、直接注文はできなかったり。
目の前で自分の頼んだ料理が完成しても、料理はいったんどこへやら運ばれ、
後ろからホールの人が運んでくるといったパターン。
カウンター越しの接客はあまりしないお店というのが意外に多いのだそう。

せっかくオープンキッチンで目の前で料理を作ってもらえるのなら、
料理してくれる人にオススメを聞いたり、自分の好みを伝えたり、会話を楽しみながら注文し、
ちょっと距離が縮まった料理人が自分のために一生懸命作ってくれる過程を見て、
カウンター越しに料理を受け取り、いただく。
     確かに!!  贅沢かもしれない!!

でめきんに行って、なんか愛情を感じました。
この人が作ってくれるんだったら、もし料理が出てくるのが遅くても待てるなぁ、とか
この人に会いにまた来たいなぁ、とか思う。
すごくあったかいお店なんです。
こういうお店だから、もちろん常連さんが多いんだけど。
常連さんの隣の席に座った人にまで心配りが行き届いているので、
初めてきた人が疎外感を感じることもなく、むしろ常連になりたいと思わせるお店。
とってもとっても勉強になりました。

私はただのバイトだけど、厨ぼうずに入ってもうすぐ二年。
社長が目指しているお店をやっと理解したような気がします。
お店はやっぱり中身なんですよね。
コンセプトがハッキリしたら、あとは私がどれだけお客さんのことを考えられるかなんだなぁ・・
最近忙しい日が多く、お店をまわすことだけに精一杯だったかもしれないな。

そんな中でも「ともちゃんに会いにまた来たよ」って言ってもらえる幸せ。
入ったばかりの頃は、緊張してろくにお客さんとしゃべれなかった私が、
今はもっともっとお客さんと関わりたいって思えるようになったのも、
この二年間あたたかく見守ってくれたお客さんたちがいてくれたからだなぁって思う。
本当に感謝です。
厨ぼうずに入って大変なことも辛いこともいっぱいあって
辞めようか迷ったことも何度もあったけど、
二年間本当にたくさんの人たちと出会って、成長した自分も確かに感じられるから
頑張ってきてよかった。
なんだかんだ言っても、結局私は厨ぼうずが好きなんだなぁと思います。

四月から音楽活動を優先するため、勤務日数が減ってしまうんだけど、
少なくなるからこそ、もっと頑張ってみようかな。
そういうことも、いい歌を歌うのに必要な気がするっ!(ムリヤリつなげすぎ?)

というわけで、
接客とは・・・相手を思いやる気持ち。そして自分を高めること。かな☆
今日も笑顔で頑張ります(>_<)
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-16 16:06 | ☆にっき

2006年3月11日という日

最近、だらゆらりん(造語)とした毎日を送っていた私にとって、昨日は久しぶりにブログに書きたいことがいっぱいの一日でした。

そういえばまったく余談だけど、
小学生の頃はよくこんな風に日記をさぼって、次の日二日分まとめて書くことがよくあった。
面倒なんだけど、一日とばすのはなんか許せなくて。
私の変な完璧主義はあの頃から始まっていたんだなぁと、ちょっと懐かしくなった。

そんなわけで、昨日をダイジェスト版で振り返っていきましょう。


     ☆お散歩~春を探して~
普段かなりのインドア派の私をRくんが熱心に散歩に誘うので、重い腰を上げて渋々でかけた。 でも、春の日差しはポカポカですぐ私をゴキゲンにした。
足元にキレイな花が咲いていた。
f0066464_2218112.jpg

よくある春のお散歩だけど、ずいぶん長い間こういう季節の感じ方をしてなかったなぁと思う。
行くまでは内心面倒だなぁって思ったりしてたんだけど(ゴメンナサイ ><)
こうやって外に連れ出してくれたRくんに ありがとう
こうやってあったかい春を感じられる今の生活に ありがとう
せかせかしてる私をいつもかわらず見守ってくれてる街並みに ありがとう

太陽の光を浴びると、
人はいろんなものに感謝して、いろんなものにやさしくなれるのかもしれない。


     ☆七のうどん
ずっと噂には聞いていた七のうどんをついに食べました!
おいしい!!おいしすぎる!!そしてすごいボリューム!!
やっぱりなんと言っても、あのアットホームな感じとお店の人達が最高ですね。
本当に癒されました。なんか愛情を感じた。
そして確信したことは、
     本当においしものを作るには、人間性が必要である!!
またおいしいうどんと楽しい会話目当てに、絶対絶対行きます!!!


     ☆再会
半年くらい会ってなかった友達に会った。
最近涙腺が弱ってるのか、懐かしさを感じるとなぜか泣きそうになる。
久しぶりの友達はやっぱり変わってなくて、でも確かに変わってもいた。
「大学時代みたいなキャピキャピ感なくなって、話す内容も歳になったよね」
なんて話してたけど、それはそれでいい感じだなぁって思った。
社会に出て責任ある仕事に就いている友達の言葉は、あの頃よりずっと重みがあった。
大変そうだけど、でも充実した生活を送ってることが伝わってくる。
フリーターの私はちょっと焦ったりもするけど、
私も友達のように好きなことを仕事にするために今頑張ってるんだって気づかされる。

懐かしい人に会うのっていいね。
もちろんただ会うだけで励まされるし。
今の自分がいる場所を知れる。
周りも自分も過去より確かに前進しているってこと、一人ではなかなか気づけないから。

たまに散歩で季節感を取り戻す感じと、どこか似てるかもしれない。


なんでもない一日もあり、こんな盛りだくさんの一日もあり、
でもこういう一日一日の積み重ねがともこを作っていくんだなぁと思うと、
じっとしてられない気持ちになったり、
それでもやっぱり行動力のない私もいるわけです。

そんなわけでとりあえず・・・
こんな長ったらしい文章を最後まで読んでくれた方、
こんなともこをこれからも見守り、励ましてくださいねm(_ _)m

最後に・・・こんなステキな一日をありがとう☆
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-12 22:18 | ☆にっき

猫の才能

あたしには猫の才能があると思う。
顔も猫っぽいってよく言われるし。
性格も猫に似てる気がするし。
いつでもどこでも寝れるし。
気まぐれだし。

・・・Rくんは、もしかしたら本当にあたしが猫だと思ってるかもしれない・・・

おやすみなさい☆
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-11 03:44 | ☆にっき

なんでもない一日


今日は なんでもない一日でした。
早起きもできなかったし、
渡る世間は鬼ばかり→いいとも→昼ドラ→再放送のドラマ・・・
気がつけば全部観ちゃってて、
大切なエレピ様にさわることもなく、
一日中ぼんやりしてた。
そしたらもうバイトに行く時間になってて、
バタバタ動きまわって、
さっき帰ってきた。
疲れてるのに眠れなくて、
ブログ書こうと思っても
何もしてないってことを書くのは難しいんだなぁ・・・としみじみ思う。

頑張り続けるのは疲れるから
なんでもない一日も必要なんだけど。
罪悪感を感じるのは、
必要じゃないのに、頑張ってないのに、今日をなんでもない一日にしてしまったこと。

でも、スーパーポジティブなRくんならきっとこう言うだろう。
     「なんでもない一日なんてない!」

 ・好きなテレビを思う存分観れた一日
 ・のんびりして充分な休息が得られた一日
 ・音楽から離れてみた一日 
 ・いつもと同じようにバイトを頑張った一日

今日できなかったことを反省して悔やむように、
今日できたことを見つけて肯定することだってできるんだなぁ。

なんでもない一日なんて言ったら、
ドラマを観て感動して泣いちゃったことも、
バイト先に久しぶりに来てくれた常連さんのことも、
おいしかったプリンの味も
私は忘れてしまうだろう。

本当は、
なんでもないような一日だったけど、
ずっと覚えていたいような出来事もいくつかあった一日だった。

明日は、もっといっぱいになればいい。

f0066464_2455622.jpg

いつも前しか見てないRくんの背中を見ながら
うしろを振り返ってばかりの私は、
精一杯 そう思った。
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-10 02:33 | ☆にっき

わすれもの

きょう、わすれものをしました。
レッスンに行くのに音源を持っていくのを忘れてしまって。
何しに行ったんだかわからなくなってしまった。
今までどんなに慌ててもそんなこと一度もなかったのにな。

最近、色んなことをよく忘れる。
どうでもいいようなことや、忘れたいようなことはよく覚えているのに、
けっこう大事なことや基本的なことを忘れる。
行かなきゃいけないところ、送らなければいけない書類、返すべきメール、やらなきゃいけないこと、自分が決めた目標・・・。

脳をあんまり使ってないから、衰えてしまったのかな。
それだけじゃない。
早起き、満員電車、早歩き、知らない人との会話、人ごみ、行列、甘いもの・・・
どんどん苦手なものが増えて、避けるようになってる。
だんだん人としての機能が低下していってる気がする。
どうしよう・・・

たぶん私は自分でできないことを増やしてる。
やればできると自分では思ってるけど、いつの間にかできなくなってる。
気づかないうちに少しずつ衰えてるのが怖いな・・・

せめて毎日に
わすれものをしないように
明日からまたジタバタ生きていきます。
[PR]
by minicat_orange | 2006-03-07 23:57 | ☆にっき