<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シアワセ


シアワセについて考えた。

ちょっと前まで、あたしには大きなふたつのシアワセがあって、
愚痴ったり 弱音吐いたりしながらも、
シアワセ と呼べる毎日の中で暮らしていたんだなぁって。

だから、ひとつのシアワセが消えてしまったとき、
ものすごーく自分が フシアワセに思えた。
シアワセ から一番遠いところに来てしまったような気がした。

だけど、こんなひとりぼっちになったあたしにも シアワセがあった。


f0066464_114624.jpg












12/9(土) 2006年最後のライブ。

本当のところ、 歌い始めるまでは 
もう歌えない なんて気持ちもあった。

歌うと 思い出すから。
こうやって歌うシアワセの隣にいつでもあった もうひとつのシアワセ。


でも、ステージに立つと ハッキリと目に映った。
あたしの歌を聴くために ここに集まってくれた人たちの顔。
いつの間に こんなにたくさんの人が耳を傾けてくれるようになっていたんだろう。

初めは、お客さんなんて 一人もいなかった。
友達に頼みこんで やっと来てもらっていた。

自信がなくてビクビクしながらも、 気づけば今年17回ライブをしていた。
昨年は、4回だった。
そうやって重ねてきた私の時間を ちゃんと見守ってくれた人たちがいる。
少しずつだけど、 ちゃんとここに確かなものがある。

そんな気持ちで思いきり歌えたとき シアワセだって思った。

あぁ、そうなんだって。
シアワセって 自分で感じようとしなければ感じられないものなんだなって。

何がシアワセか なんて答えはなくて。
シアワセを感じられる自分であるかどうかが大切なんだ、きっと。

コレがあればシアワセ。 コレがないとフシアワセ。
そんな単純なことじゃなくて。

隣にいないことなんかじゃなくて、
遠くで頑張ってることを、 遠くで応援してくれていることを、
シアワセと思える あたしでいたい。


今までどんなにダメだって思うときでも、
あたしは歌って乗り越えてきたんだ。

そういうものに出会えたあたしは、 きっとシアワセなんだ。

来年は、もっといい歌を歌いたい。
どんなに遠くにも 確かに届く歌を歌いたい。

そして応援してくださるみなさんに、 あったかい歌を届けられますように。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-15 01:17 | ☆にっき

くもりの日


今朝、六本木に着くと 雨がぽつぽつと降り出していた。

家を出たときから 今にも雨が降り出しそうな空だったのに・・・。
わざと 傘を持って行かなかった。

私には、 そういうところがある。

雨は きらい。
ただでさえ 落ち込みやすい私が、
もっと下を見て歩かなきゃいけないから。

だから なんとなく賭けにでる。
    「雨は 降らない」
    「傘は いらない」

もちろん 何の根拠もない。
たいして強くもない 私の願い。

でもたいていの場合 容赦なく雨は降って、
私は 困る。
だったら 傘を持ってくればいいのにって思う。

傘を持って歩くのが 面倒なわけじゃない。
ただ、 認めるのが下手なだけ。

私がまったく望まないことが 当たり前みたいに何の前ぶれもなく起きて、
そこに 私の意志なんてまったく関係なくて、
どうすることもできないなんて。

そういうのには、 いつまでたっても慣れない。

やっぱり傘は必要だったんだ・・・って
思い知らされながら 濡れて歩くのによく似てる。

それでも私は、 懲りない。

私が諦めたら 雨の日が増えるような気がして・・・。

もう2度と 会えないような気がして・・・。

だから、 どんなに空が泣き出しそうな日でも
傘は 持たない。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-09 00:15 | ☆にっき

かっこいい・・・


かっこいい人だな・・・

話をしていて 心からそう思った。


潔い・・・って言うのかな。
自分のペースを決して崩さないというか。
オンとオフが きっちりしている。

どんなに忙しくても そんなのまるで気にもしてないようで。

忙しいなんて言ってたら どこまでも忙しいんだから。
自分で行動しなくちゃダメなんだって。

同じ女性として 憧れる。

私には圧倒的に足りないものだから。

頑張ることと 楽しむことは まったく別のことで。
それをうまく切り替えられる人は、
どんなに忙しそうでも ちっとも辛そうに見えない。
むしろいきいきとしていて かっこいい。

私も そうなりたい。

こんな 誰が見ても弱りきってる私じゃなくて・・・

かっこいい人になりたい。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-08 01:39 | ☆にっき

手帳


今日、やっと来年の手帳を買った。

悩んだあげく結局 今年のとまるっきり同じ手帳にした。
だって、とても使いやすかったから。

今日から新しい手帳を使おうと、予定などを書き写していたら。
もうホントに今年も終わりなんだなぁと しみじみ思った。

この手帳を買ったのがもう1年も前だなんて 信じられない。
きっと今年も 一緒に買いに行くんだって思ってた。

この1年、何もできなかったようで、
色んなことがあったし 私はゆっくりだけど前に進めていたのかな。

エレピを買って、ライブいっぱいやって、オーディションも受けた。
だけど考えてみれば、
それは全部背中を押してもらって やっとできたことだったよね。
自分の力だけでできたことは 何ひとつなかった。

使い終わってみて初めて この手帳をじっくり読み返したら、
1年分のできことが よみがえってきて苦しくなった。
この手帳を使わなくなったら それで全てが終わっちゃうような気がして。


だけど私は、 毎回ノートを新しくする度に
絶対最後までキレイに使おうって決意する性格だから。

だから、手帳と一緒に 心も真っ白なページから始めてみようかな。

すぐには、何もかも うまくできないと思う。
明日から いきなり完璧になるなんてできないと思う。
でも、それでもいいよね。

なるべく心穏やかに 毎日を丁寧に過ごしたい。

逃げないで ちゃんと前を見ようと思ったよ。

楽しさとか嬉しさとか優しさとか感謝とか・・・
そういうあったかくなれるものを 見落とさないように。

納得するとか整理するとか諦めるとか、
きっとホントは そんなこと関係なくて。
今の私にできるのは ただそれでもひたすら進むことだけなんじゃないかって。
他でもない 自分のために。

たとえどんなに情けなくても、
そうやって進んだ先に 答えは着いてくるんだろうって
そんな気がした。

だったら、
後悔も未練も涙も 全部引き連れて
とにかく進んでやるって 思った。

他の誰でもない 私自身への意地で。

来年また 手帳を新しくするとき。
今より少し強くなってる私がいれば それでいい。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-07 02:58 | ☆にっき

ライブのお知らせ♪


2006年最後のライブのお知らせです♪

12月9日(土)原宿JET ROBOT 
OPEN 20:00     START 20:30
ライブチャージ ¥1500+D

2006年は ライブの年でした。
ただもうできる限り ライブをしました。
予定を詰めすぎて ひとつひとつのクオリティーは、
あまり高くなかったかもしれません。

だけど、ライブの数だけ 歌について真剣に考えてきました。

応援してくれるみなさんに出会えました。

最後に、一番いいライブをお見せできるように頑張ります。


ちなみに・・・
昨日の原宿JET ROBOT1周年記念イベントは、最高でした!!
あのイベントで歌わせてもらえたことは、本当に幸せでした!!

とにかく すごいアーティストさんばかり・・・。
音楽ってこんなにも楽しくて パワーがあるものだったんだって思った。
ずっとこのままここにいたいって思ってしまうほど ステキなイベントでした。

あたしを元気にしてくれるのは いつもそう 音楽だった。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-03 23:50 | ☆ライブ情報はコチラ!!

イベントのお知らせ♪


12月2日(土) つまり今日ですが・・・

原宿JET ROBOT一周年記念イベントがあります。


すっごくステキなアーティストさん達が いっぱい出演するらしいです!!
私は、2曲だけ歌わせてもらえることになりました♪

きっと 音楽好きな人にはたまらないイベントだと思います!!

私も、思い切り楽しんで元気になります♪
一緒にステキな夜を 過ごしましょう!! 

OPEN 20:00   START 20:30
ライブチャージ   ¥3,500
 (食べ放題・飲み放題らしい)

いい歌聴きたい人、集まれ~☆
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-02 01:25 | ☆ライブ情報はコチラ!!


母に相談ができるようになったのは いつからだろう・・・

母に電話して泣いた。

まだ気持ちの整理ができなくて 友達にも話せてないことを、
母になら話せる気がした。

昔の私なら 考えられない。

母は厳しい人だ。
グズグズしている私と違って 男前な性格をしていると思う。
だから 一緒に暮らしている頃はわからなかった。
私の気持ちなんて 母には絶対わからないと勝手に思っていた。

本当は誰よりも心配してくれて 応援してくれていること。
気がついたのは、けっこう最近だ。

私はこんな風に いつも大切なことが見えない。

あれこれ思い悩んでいるのも 自分のことばかり。
自分を守ることばかり考えているから 周りが見えない。

私のことを考えてくれる人は たくさんいるのに。
自分でダメな方へ ダメな方へ 進んでいる。

母は 優しいことなんて言わなかった。

自分で乗り越えるしかない 代わってやれない と言った。
やれることがあるだけいいよ と言った。
それでダメなら帰っておいで 止めないから と言った。
そのときは それまでだったんだよ と言った。

確かにそう・・・ それが今私の前にある現実だと思った。


なんだかうまく言えないけど、
この歳になってやっと 素直に母に相談できるようになったことと、
変わらない母の口調の中に ちゃんと母の気持ちを感じられることが、
よけいに泣けた。

両親は 大学を卒業したら教師になるものだと 安心していたはず。
音楽活動しながら生活するなんて 考えてもいなかっただろう。
それなのに 許してくれて、応援もしてくれた。

自分で決めたのに フラフラして、中途半端で、
心配ばかりかけて ごめんなさい。


たぶん直接は言えないけど・・・

お母さん、聞いてくれてありがとう。
お母さんに一番最初に聞いてもらってよかった。
ちゃんと自分で乗り越えるからね。

急に 母に会いたくなった。
[PR]
by minicat_orange | 2006-12-01 05:25 | ☆にっき