<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

矛盾


大切なのは、もう充分すぎるくらいに わかっていて。

それでも こういう風にしてしまう理由は、
絶対に 理解してもらえないだろう。

まさに その「理解してもらえない」ってことこそが、
理由なんだけど。

いつも 私はこういう風に、
大切なものを 大切にしようとして、
自分から 遠ざけてしまっている。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-27 14:17 | ☆にっき

犯人に告ぐ

「犯人に告ぐ」(文庫版)          
f0066464_9451795.jpg
f0066464_946191.jpg

私は、普段こういう類の小説は、まったくと言っていいほど読まない。
ミステリーというのか、警察小説というのか。
決してキライとかではなくて、 楽しみ方が下手なのだと思う。

事件の犯人やトリックを推理しようという欲求はあんまりなくて、
ただ淡々と読み進めてしまうから、
決してつまらないわけではないのだけれど、
読み終わった後「ふーん・・・。」となりがち。

それでも、この本を読んでみようと思ったのは、
「クローズド・ノート」を書いた雫井脩介さんの本だったから。
以前、このブログでも紹介したけど、
「クローズド・ノート」はとってもあったかい本だったから。
映画化に際して文庫化されたらしいので、
読んでみました。

まず、率直な感想は、
すごーくおもしろい!!
ミステリーに不慣れな私でも、かなり楽しめました。
毎日、通勤の電車の中で読んでいたのだけれど、
続きが気になって気になって、
駅に着いてしまうと「あぁ、もっと読みたい」と我慢できず、
大江戸線の長い長いエスカレーターでもつい本を開いてしまう程、
衝撃的なおもしろさでした。

巻島という刑事の苦い過去からはじまる。
彼は、誘拐犯を取り逃がし、誘拐された子どもは殺されてしまう。
その上、その後の記者会見で醜態をさらし、 世間の非難を浴びる。

その6年後。
小さな子どもを狙った 新たな連続誘拐殺人事件が起こる。
捜査は難航し、警察に対する批判はピークに達する。

「劇場型犯罪」への対抗策として持ち上がったのが、「劇場型捜査」。
テレビから犯人に呼びかけ、劇場へ引っ張り出そうという作戦。
その役に抜擢されたのが、巻島だった。

警察内外にひしめく敵の中、
巻島は事件へと立ち向かっていく。

この小説のおもしろさは、
やはり人間の描かれ方によるものだと思う。
ミステリーでありながら、人間心理を衝いている。

最大の魅力が、巻島にあるのは言うまでもない。
アウトローなキャラだが、
そこに至った経緯は特異でも何でもない。
この社会に生きるものになら、誰にでも起こりかねない。

そして脇を固める登場人物も、
それぞれみな「人間」というものを端的に表している。

正義感、出世欲、責任感。
妥協、あきらめ、ずるさ。
愛情、孤独感、独占欲。
社会に対する怒り、不安。

どれもこれも、
誰もが 当たり前に持っているものである。

そのバランスが崩れ、
何かの拍子にひとつのものが爆発してしまう。
そうして人は、過ちをおかすのかもしれない。

ミステリーを、こういう切り口で読めるとは思わなかった。
事件は実際にこの世界でいくつも起きているのだから、
もはや ミステリーなどと呼んでいられないのかもしれない。

映画も観に行こうと思う。
自分にも、弱いところがたくさんあるから。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-26 09:05 | ☆今日の1冊

minitomoko


小さいなぁ と思う。
身長が・・・じゃなくて、 人間が。

最近 イライラしてばかりいる。
自分が完璧な訳でもないのに。

そして そのイライラが募れば募るほど、
それが私の小ささを表わしているようで。
自己嫌悪。

今日こそは イライラしないようにと、
やさしい人でありたいと、
毎日願っても 一日ですら叶えられない。

こんなネガティブな思いからは 何も生まれないのに。

自分がただ やるべきことをきちんとこなして、
いつも一生懸命過ごしていたら、
周りにもやさしくなれるし、
多くを許せるようになるんだろう。

このイライラはきっと 自分の足りなさへのイライラ。

ほんの少しでいい。
昨日より 大きくなっていたい。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-23 08:30 | ☆にっき

キャットテール


ねこのしっぽ・・・

f0066464_7341493.jpg

その愛らしい名前だけで 気になる存在。

ねこは飼えないから、せめてしっぽだけでも・・・。

サボテンを枯らしてしまったことのある私でも、
ちゃんと育てられるかな・・・。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-22 07:37 | ☆にっき

うれしい☆おいしい☆お弁当☆


今日は、色々あってちょっと疲れました。
でも、嬉しいことがありました。

働いているライブラリーのフェローの澁川先生が、
私のために手作りのお弁当を作ってくださったんです!!

f0066464_121849.jpg

銀杏入りのまいたけご飯は、絶品!!
まいたけのいい香りがして、
まさに秋を感じるご飯でした。

おかずのお魚も、
うずらの卵入りのさつま揚げも、
やさしい上品な味付けで、
澁川先生の人柄そのものでした。

彩りも キレイ!!
味はもちろんだけど、
目でも楽しめると 2度おいしい!!


やっぱり手作りのお弁当っていいなと
しみじみ思いました。

料理を作るのは好きだけど、
作ってもらった料理というのは、
また格別の味ですね!!

澁川先生は すごい先生なのですが、
いつも自然体で 私に色々なことを教えてくれます。
先生のお話を聞くと、 もっともっと本を好きになります。

澁川先生は おじいちゃん先生だけど、(ゴメンナサイ)
とってもオシャレでかっこいいんです。
6月のワンマンライブにも 足を運んでくださいました。

澁川先生は 奥さんとすごく仲が良くて、
いつも奥さんに お料理を作ってあげるそうです。
正確には 「作ってあげる」だなんて思わないと言ってました。

あぁ、私もこういう人と結婚したいなぁと羨ましくなります。

料理にも人柄って表れるんだなぁと、
あったかい気持ちになりました。

おいしい料理は、気持ちをやさしくしてくれますね☆

今日のお礼に、
来週は、 私が先生にお弁当を作って行こうと思います。

何にしようかな・・・
これからメニューを考案します!!

結果は、まだブログで報告します☆

作るのも 作ってもらうのも 幸せ。  佐藤智子
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-19 01:02 | ☆にっき

サプリメント


そんなこと言いたいわけじゃないのに、
つい言ってしまう。

そんなことより、
楽しいこととか 感謝していることを話したいのに。
なぜか、いつもこうなってしまう。

私が大切だとか重要だと思うことを、
相手にもそう感じてほしいと願うのは、
わがままなのかな。

受け入れてもらえないというわけじゃないのに、
私の中のそのポイントをはずされると、
一気に孤独感に陥る。
ただ1度のそれだけのことで、
あぁ、わかってもらえないんだって すぐ卑屈になる。

今は良くても、求めていくものにズレがあると、
それはいずれ取り返しがつかないことになるような気がする。
前みたいに。
いつかどうにかなるだろうなんて、幻想だったから。
先送りにした問題は、時間じゃ解決できない。

そうやっていちいち重く考えることが、
かえって良くないのかもしれないんだけど。

これは、何だろう。
苛立ち 孤独 わがまま 不安 寂しさ 幼さ。
どれも違うようで あってる気もする。

そういうとき、
とことん突き詰めて 出口を探していくのと、
まるっきり何か他のことで気を紛らせて 諦めてしまうのと、
どっちがいいんだろう。

今までの私なら、
後者は絶対にできなかったから 前者を選択してきたけど。
出口が見つかったなんてことはなくて。
堂々巡りを続けているうちに 強制終了なんてパターンが多い。

とにかく、最近の私は カルシウムが不足しているのかもしれない。
サプリメントを ください。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-17 23:33 | ☆にっき

結論から言いますと・・・


今日、おもしろい話を聞いた。

女性は、プロセスを大事にする生き物だそう。
だから結果よりも、そこに至るまでの過程を話したがる。

しかし、男性社会やビジネスの場では、
とにかくまず、結論が求められる。

最初から全部事細かに説明すると、
「・・・で!? だから・・・できたの!?できなかったの!?どっち!?」
と相手をイラッとさせる。

でも、相手が苛立ちを見せれば見せるほど、
わかってもらうためにもっと詳しく説明しようとして、
ますます結論から遠くなる。

案外、「うんうん」と親身に聞いてもらえると
すんなり結論に達したりする。

コレは、ものすごーく良くわかります。
私が、まさしくこの通りだから。

だって、結論を先に言ってしまうなんて。
犯人がわかってる推理小説みたいなものじゃないですか!!

だって、結論を先に言ってしまうなんて。
どれだけその結果に至るまで苦労したとしても、
ひとことで片付けられてしまいそうじゃないですか!!

まるで再現VTRを見るように詳細に説明した方が、
ドラマチックなエンディングを迎えられるのに。

だから、話が長いって言われるのかな・・・。

あ、また結論から言うのを忘れた。
つまり、まだ説明してる最中なのに先に結論を言われるのは嫌ってこと。

じゃなくて・・・。
道のりを一緒に感じてもらいたいの!!
ただ、それだけ。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-15 21:07 | ☆にっき

「パレット」 歌詞


夕焼けがあんまりキレイで  君に見せたくて絵に描いてみる
赤の絵の具で空を塗ったけど  なんだかちっとも似てないんだ

あきらめかけたとき  見つけたんだ
ごちゃまぜの  パレットに広がった空

赤でも青でもない  名前のある色じゃ表せない
君への思いを  ひとことで言えないのと
似ている気がしたんだけど  ちがうかな・・・

いつしか僕は君のこと  ベタベタ塗りつぶしていた
おしゃべり好きな君の口数も  無邪気な笑顔も減っていたのに

気づきもしないで  塗り重ねた
淡い君は  息苦しかっただろう

白でも黒でもない  染まるのも染めるのも本当じゃない
もしまた君と  未来を描けるなら
僕らのパレットを探そう  今日から

偶然生まれた  空の色のように
ただもっと  もっと混ざりあって

君でも僕でもない  だけど二人でしか出せない色
君への思いも  ひとことで言えないから
何度も何度でも言うよ  好きだよ
f0066464_0544143.jpg
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-15 00:52 | ☆ともこのうた

10/13(土)ライブの報告♪

昨日は、原宿JET ROBOTでライブをやりました♪

【セットリスト】
①3月9日(カバー)
②あなたとあたし
③パレット
④てのひら
⑤君がいること
⑥観覧車
f0066464_21504960.jpg



























ワンマンライブ以来4ヵ月ぶりのライブだったにもかかわらず、
そして間際になっての告知になってしまったにもかかわらず、
たくさんの方が応援に来てくれました!!
お忙しい中来てくださったみなさん、応援メッセージをくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

久しぶりのライブは、やっぱりとても緊張しました。
冷や汗をかく場面も多々ありました。
MCは、やっぱりスベリぎみでした・・・。
でも、やっぱり楽しかった♪
久しぶりに歌えて、幸せでした。
応援してくださるみなさんに久しぶりにお会いできて、
数々のあったかい言葉や励ましをいただいて、
また「頑張ろう」という気持ちを新たにしました。

新曲「パレット」も、よかったと言ってもらえて安心しました。
「パレット」の歌詞は、あとでUPします!!

改めて、応援してくれているみなさんに感謝です。
悩んだり、迷っている暇はない!!
今日から、またできることを始めようと思います。

本当に、ありがとうございました。
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-14 22:21 | ☆にっき

TOMOKO CAFE 秋のディナー☆


TOMOKO CAFEです。 こんばんは☆
食欲の秋がやってきました!!
秋のディナーメニューのご紹介です。

f0066464_23303332.jpg
☆カニとエビのトマトクリームパスタ☆

高級食材 カニの缶詰をいただいたので、
贅沢に使ってパスタにしました。
トマトクリームは、1番好きなパスタ。
トマトソースよりも濃厚でコクがあって、
クリームソースよりあっさり。
カニとエビの旨味が生かされる
絶品パスタです。

いつものトマトソースパスタに
生クリームを加えるだけで、
一味違う本格的な味になりますよ!!
仕上げにパルメザンチーズをかけて☆

f0066464_2331825.jpg
☆牡蠣とほうれん草のシチュー☆

牡蠣のおいしい季節になりました。
牡蠣も私の大好物のひとつなので、
お店に牡蠣が並ぶとワクワクします。

牡蠣をクリームシチューにすると、
とってもやさしい味に仕上がります。
具は、玉葱とほうれん草とエリンギ。
そして、白菜を入れると甘みが増して
とーってもおいしい!!
寒くなってきた季節に、
オススメな一品です☆


f0066464_23314971.jpg
☆和風ハンバーグ☆

鶏肉と豚肉の挽き肉のみを使って、
あっさり味に仕上げてみました。

よーく炒めた玉葱とお肉のみで
つなぎは使っていません。
ソースは、椎茸、舞茸、エリンギを
たっぷり使ったきのこソース。
さっぱり醤油味のソースです。

はるばる国分寺まで
料理を食べに来てくれた
お友達のリクエストで作りました☆

f0066464_23323296.jpg
☆カプレーゼ☆

トマトとモッツラレラチーズを
交互に重ねただけのサラダ。

ソースも、
オリーブオイルと塩コショウだけ。

シンプルなのに、
やっぱりすごくおいしくて。
TOMOKO CAFEの定番。

白ワインとの相性も抜群なんです!!


f0066464_23325977.jpg
☆ビーフシチュー☆

1日中じっくり煮込んだ
特製ビーフシチュー。
やっぱり王様です。
お肉は、噛まなくてもとろけるほど
トロトロに柔らかくできました。

この贅沢シチュー。
お水は一切使っていません。
赤ワインとトマトだけで煮込んだから
とっても濃厚です。

あんまり頑張って作ったから、
思わずパンを焼きすぎちゃったけど。

食欲の秋には、TOMOKO CAFEのディナーをどうぞ♪
[PR]
by minicat_orange | 2007-10-11 23:35 | ☆おいしいものたち