<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

おはようございます。

今日は、こんなに朝早くから出勤です。

いつもだったら確実にまだ寝ている。
こんなまだ薄暗いうちにも、
こうして電車が走っていて。
コンビニが空いていて。
会社に向かうらしき人々がいて。
頭が下がる思いです。

みなさん、今日も1日頑張って!
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-29 05:50 | ☆にっき

シアワセライン


しあわせは ここまで。

その線が見えたら その線が見えたなら、
越えずにいられる? 
引きかえせる? 
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-25 09:40 | ☆にっき

たぶん。


もしかしたら…なんて、
期待していた自分がいて。
バカだなぁと思う。
そんなこと、あるわけないのに。

でも、こうやって。
少しずつ、わかっていくのかもしれない。

違うんだよ、って。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-23 07:35 | ☆にっき

和 TOMOKO CAFE

f0066464_9392662.jpg


昨日の夜ごはんメニュー☆

きのこの炊き込みごはん
舞茸、えのき茸、椎茸、油揚げ入り

塩肉じゃが
だしとおいしい粗塩だけで味付けしたあっさりした肉じゃが。
豚肉によく合います。
たくさん作っても飽きない味なので、かなりオススメ!!

小松菜のおひたし
しらす、たたいた梅肉と一緒にだし醤油であえました。

ところで・・・
少し前に携帯を変えたら、写メが全然キレイに撮れない。
前のSHの携帯は2年以上前の機種だったのに、
すごくキレイに撮れたんだけど。
今のNの携帯は最新機種なのに、ピンボケしちゃう。
Nの携帯ってカメラはこんな感じなんでしょうか・・・。
悲しい(;_;)
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-21 09:39 | ☆おいしいものたち

長い長い


トンネルを抜けて、
やっと見えたもの。

たしかに進んでいることを感じられた今日に、
ありがとう。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-15 19:36 | ☆にっき

色彩心理


私は、青が好き。

どうしてかわからないけど、
小さい頃からそうだった。
七五三の着物も、
あの年頃の女の子には珍しく「青がいい」と言い張って、
鮮やかな青の着物を買ってもらった。


今日仕事で調べものをしているとき、
「色彩心理」という言葉を知った。

「色」には、それぞれの意味や力があって、
心理に影響を与えているらしい。

たしかに、
「この色が好き」とか。
「この色を見ると落ち着く」とか。
その人の性格や考え方や、
そのときの精神状態や気分に、
すごく関係ありそう。

私は曲を作るとき、
先に色をイメージしたりするんだけど。
考えてみれば、
私の中にあるのはだいたい青系ばかり。

オレンジとか黄緑とかショッキングピンクとか…。
ビタミンカラーっていうのかな。
いかにも元気が出そうな感じの色は、
絶対に持ってない。

でも、私という人間を思えば、
当たり前かな。

歌では、
いろんな色を出していきたい。
鮮やかな原色は出せなくても。
そこに青系の私色が混ざって、
くすんだ色になっても。

それが、
私にしか出せない色だったら、
それでいい。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-12 23:02 | ☆にっき

とにかく笑えれば。


今のままじゃイヤだと思って、
無理にどうにかして前に進もうとしたけど。
そうすればするほど、
どんどん遠くなっていく気がする。

悲しくなって。
疲れて。
何を求めてるのかわからなくなって。
なんか違う気がする。

そういうんじゃなくて。


たとえば、
ものすごく疲れてるときに、
笑いかけてもらえて。
気づいたら、つられて自分も笑顔になってたりするときみたいに。

そこに無理とかはなくて。
むしろ、自然で。
そのことに別に名前なんてないけど。
でも確かにそこにある、みたいな。

それでもいいんじゃないかって。
白黒ハッキリさせることが、
必ずしもいつも最善とは限らないのかも。

そこに何があるかなんて、
結局は自分しだいで。
何もないと思えばないし、
何かあると思えばある。

とにかく笑えれば。
それでいいのかもしれない。
それが、本当なのかもしれない。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-11 23:11 | ☆にっき

出会い

f0066464_2053545.jpg

下を向いて歩いていた私に、
元気をくれた出会い。

そうやって歩くの。
歩き続けるの。

いろんな人に支えられてる。
私が思う以上に。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-10 20:53 | ☆にっき

笑顔で、また


すごくすごく迷ったけど、
言ってみてよかったと思う。
行ってみてよかったと思う。

かなりの勇気を使ったし、
いっぱい葛藤もあった。
だけど、曖昧なままじゃ前に進めないし。
動かなきゃ変わることもできないから。

今日は、これで良かったんだと思う。

そんなに簡単に思いは消えないから、
これからもまた心が動くかもしれない。
でも、帰る場所さえ決めておいたら、
迷わずにいられる気がする。

あんまり信じていなかったけど、
「縁」とか「タイミング」は、
やっぱりあるんだと思う。

あぁ、早く歌いたい。
今ならきっと、この気持ちを歌えるから。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-09 22:56 | ☆にっき

「自分」から自由になる沈黙入門


「自分」から自由になる沈黙入門
f0066464_22274768.jpg











小池 龍之介 著

「自分」から自由になる、というフレーズに惹かれて手に取った。
些細なことでイライラして、余裕がない。
口から出るのは愚痴ばかり。
そして、自己嫌悪の繰り返し。
そんな「自分」から自由になる方法を教えてくれる。
この本で語られる「沈黙」は、
自己顕示欲の濃度を薄くしましょうよ、という意味である。

自分のことを「自分大好き人間」だなんて思いたくないけれど。
思い通りにならなくてイライラする、
自分の主張を人に押しつけてスッキリする、
どうしようもないことを悩んでクヨクヨする。
どれも根底には「オンリーワンな私の価値を理解して欲しい」欲求が
あると気づかされる。

それが伝わったからといって、誰が嬉しい気持ちになるわけでもない内容なら、
そんな考えは葬ってしまえばいいだけの話であります。(本文より)


貪欲、瞋恚(怒り)、愚痴、
いらないもの、余計なものをたくさん背負ってしまっているから人は苦労する。
捨てたいと思いながら捨てられないものもある。
そういうものに、必死にしがみついていることさえある。

ある意味それが人間らしさであるとも言えるし、
日常の中でそれを超越するのは困難かもしれない。
ただ、そんな「自分」に苦しくなったとき、
こうして心静かに「自分」を解放することができたら、
もっと肩の力を抜いて生きられる気がする。
[PR]
by minicat_orange | 2008-09-08 22:33 | ☆今日の1冊