その日のまえに


その日のまえに
  重松 清


f0066464_1355161.jpg










「その日」とは、誰にもいつかは訪れる「死を迎える日」。

それぞれの主人公が、
「その日」と向かい合いながら生きていく日常が描かれている。

本当なら、「泣ける本」「切ない本」と言った方が
正しいのかもしれない。
実際私は、通勤の電車の中でこの本を読んで涙が止まらなくなり、
人目憚らず大泣きしてしまった。
しかし、その次々に溢れてくる涙がなぜかとてもあたたかくて、
それが余計に泣けた。

うまく言い表すことができないが月並みな言い方をすれば、
今たしかに自分がここに生きているのだと
改めて実感させるようなあたたかさ。

「外に向かってはじけるのではなく、内側に静かに染みていく喜びがある。」
これは、この本のある一節。
この本全体にとってみれば、たいして重要な役割も持たない、
とるに足らない一文かもしれないが、私は妙に納得した。

「死」というものに付随する様々な感情は、
人が生きていくうえで避けては通れない普遍的な課題である。
ただ、だからこそ悲観的になるのではなく、
もっと「生」を前向きに受け入れることができるのではないか。
もっと人にやさしくなれるのではないか。

そんなことを、じんわりと伝えてくれる1冊。
[PR]
by minicat_orange | 2007-03-24 13:11 | ☆今日の1冊
<< 再会 和☆TOMOKO CAFE >>