変わるということ

変わるということは、どうしてこういつも私を動揺させるんだろう。
私は変わるということが苦手だ。
変わるときにはいつも「なじみのある何か」にさよならしなきゃいけない。
もちろん変わった先には、もっとすばらしい何かが待っているかもしれないのだけど。
まだ知らない新しい世界はちょっと怖くて。
慣れている居心地のいい場所にとどまっていたくなる。
そうやって、自分の手の届くせまい世界の中でなるべく変わらずに
ずっと生きてきた。
でも、このままじゃいけない、変わりたい、という気持ちは人一倍持っていたと思う。
思っているだけで行動できないジレンマに悩んで、
自分をずっと好きになれなかった。

昼間やっていたバイトは、昨日で最後だった。
半年間お世話になったお店。
店長をはじめ働いている人達はみんないい人で。
料理もおいしく、雰囲気もよくて。
もっと長く続けるつもりだった。
それでも辞めることにしたのは、
時間が必要だから。
気がつけばこの半年間、昼も夜もバイトばかりしていた。
忙しすぎて、体調を崩したり、イライラしたり。周りの人にもずいぶん迷惑をかけた。
肝心な音楽活動は止まったまま。

音楽をやるために、自信をもってくだした決断だったけど・・・
やっぱり寂しかった。
自分が思っていたよりずっとこのお店のこと好きだったんだなぁと思った。
辞めなくても、頑張れば音楽活動できるんじゃないかなという思いもよぎった。
泣いてしまいそうでみんなの顔をまっすぐ見れないまま
一生懸命笑って帰った。

自分や大切な何かのために変わることは、決して悪いことじゃないのに。
前向きなことなのに。
どうして悲しくなるんだろう。

今は後悔はしていません。
バイトを頑張ったことも、私にとって無駄じゃなかった。
さよならするのは、忘れることじゃなくて、
そういうものを全部持ったまま、もっともっと自分を高めていくことなのかもしれない。
バイトで学んだこと・出会った人達のこと私は忘れません。
最後の日感じた「ありがとう」の気持ちも。
全部私の中に持ったまま、いい歌を歌える人になりたい。

教師になろうと勉強した大学の四年間も
きっと私の中に生きてる。
人生の優先順位を変えよう。
歌を一番に。

あたし変われた。
変わってよかった。
・・・って言える日がくるといい。
フリーターやってることにも、昨日バイトを辞めたことにも
ちゃんと意味があったと思えるように
頑張らなくちゃいけないんだなぁ。

なんだか歌が歌いたくなってきた・・・
[PR]
by minicat_orange | 2006-02-16 15:14 | ☆にっき
<< うぬぼれ バレンタインデー☆ >>